入社までの日常(4)

日記

入社まで残り24日となりましたが、日に日に将来についての悩みが増す一方で

価値観が変わる映画を観たり、本を読んだり、友人に相談してみたりと

どうにかこのモヤモヤした気持ちを解消しようとしていた中

一冊の本に出会い、私の悩みは一気に晴れました☀

今回紹介する本は将来に不安を持ってる方今の現状を変えたいと思っている方

是非読んでもらいたいと思っています

きっとこれから先生きていく上で、決してぶれない軸を持つことができるでしょう

今日の本紹介

7つの習慣(過去一のおすすめ本)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2022/3/7時点)


本の紹介をする前に今から皆さんに想像していただきます

周りを見渡すと一つの棺桶があります。そこに入っているのは貴方です。

人は誰しも死にます。貴方の葬式には何人が集まるでしょうか?

そしてお経が唱えられ、訪れた方の中から「弔辞」が読まれます

※弔辞とは故人を葬送する意味で述べるお別れの言葉

貴方はその「弔辞」で何を言われたいですか?

(仕事に熱心だった、家庭を大事にしてた、人に優しかった、頼れる存在だったetc)

この「弔辞」で言われたいことこそが、人生における自分の軸なのです

多くの自己啓発の本では主に①モチベーションアップ②コミュニケーション力

この二つをメインに書かれています

この本の著者はこの二つを極めても短期での成功しか納めることができない

長期で成功を収めたければ人間の根本となる正しい人格育成をすべきだと述べています

1~3章では私的成功への道、4~7章は公的成功への道となっており

この本の始めに書かれていることは、「一人で成功するのは当たり前(私的成功)」であり、

周りも成功に導く(公的成功)」ことこそが本当の意味での成功である

(私的成功)

一章「主体的であること」

ニ章「終わりを思い描く」

三章「大切なことを優先する」

(公的成功)

四章「WinーWinを考える」

五章「まずは理解して、理解される」

六章「シナジーを造る」

七章「刃を研ぐ」

一日のルーティン

・起床 9:00

・散歩(目を覚ますのとアウトプットする時間)

・日誌を書く(昨日の出来事を振り返る)

・経済ニュース(経済の動向をチェックする)

・朝食&昼食 12:00

・娯楽(趣味の時間、スマホなど)

・読書(主に自己啓発、仕事に関するもの)

・スポーツジム

・夕食

・入浴

・メモの時間(考え事などを書き出して頭を整理する)

・YouTube(両学長、中田敦彦のYouTube大学など)

・就寝 0:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました